FC2ブログ
スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
英語論文を書くときの基本的なポイント
2009 / 09 / 16 ( Wed )
ずいぶん前になりますが、あるお客様(研究職の方)に校閲を納品した後にお会いした際、
「ぼくは英語が苦手なので、どうやったら校閲者さんに意味を理解してもらってリライトしてもらえる
程度の英語が書けるようになるか知りたい。ぼくが次に英語で論文を書くとき、どんなことに
気をつけたらうまく書けるようになるか、Ericさんにアドバイスしてほしい」
というリクエストをいただいたことがあります。

その回答はとてもシンプルでした。

1. 頭の中で日本語の文章を英語に書き直そうとしたり、翻訳しようとすると不自然な英語に
  なってしまう。
  まず、自分の書きたいことを頭の中にイメージしてそれをそのまま英語で表現するように
  努力してみるといいと思う。

2. 英語の文章はシンプルにした方がよい。長い文章をわざわざ作る必要はない。

3. ひとつの文章に情報を詰め込みすぎない。

あんまり、いろいろ書くと焦点がぼやけてしまうだろうから、まずはこの3つを英文を書くときに
意識してやってみてください。

というものでした。

上記の回答は、そのお客様向けのアドバイスでしたが、「英語で論文を書くのは苦手・・・」と
感じている方にはお役に立つかもしれません。

本当はEricさんからもらったメールを原文のまま掲載したいのですが、私のメーラーの不具合で
そのメールも消滅してしまいました。(残念!)

じつは、このアドバイスは私にとってとても貴重なものでした。
私はお客様からの質問を校閲者に伝える際に英語に訳して橋渡しをするのですが、その時に
いつもこのアドバイスを意識するようにしたら、だいぶ気持ちが楽になりました。

日本語に引っ張られて、どうしても日本語っぽい英文を書いてしまうことが多いので、そのことに
気をつけようと意識する気持ちが芽生えただけでも私には大きな進歩でした。

英語の上級者にはすでに身についているスキルだと思いますが、まだそこまで達していないと
いう方にはよいポイントだと思います。
スポンサーサイト

テーマ:翻訳 - ジャンル:ビジネス

11 : 01 : 55 | 翻訳 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<なぜ一括払いだとたくさん割引や特典がついてくるのか | ホーム | お土産>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kigyougo.blog72.fc2.com/tb.php/38-ca827f13
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。