スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
入札の季節です
2011 / 01 / 21 ( Fri )
こんにちは。
1月もあっという間に下旬に入ってしまいましたね。

今年に入ってから今頃になってやっと2回目のブログ更新とは
われながらがっかりです。

新年早々さぼってしまっているなぁと思いました。

でも、仕事はちゃんとやっています。

やっぱりこの時期は忙しいもので、当社のような小さな会社でも
入札の声をかけていただいています。

専属の営業マンはいないので、どうしても入札情報などには疎いのですが、
それでもお客様のほうから声をかけてくださる、というのがとってもうれしいです。

今年はとりあえず1つ落札できました。
ちょっと遠い場所の入札だったのですが、遠くまで出かけていった甲斐が
あったなーと思います。
(私じゃなくて代理で行ってくれたスタッフが、ですが。。。)

今日も入札の件で翻訳者さんに相談したのですが、
いつも明るくてスケジュールも調整してくれてとても助かりました。

お電話でちょっと話しただけなのに、その翻訳者さんのおかげで
とてもやる気が出ました。
がんばって今年2件目の落札、と行きたいものです。

それから、前回、夫の起業のことを書いたら、思いのほか多くの方から
応援メールをいただきました。

どうもありがとうございました。

まだ融資の申請は、審査中で結果が出ていませんが、
手ごたえとしてはまずまずのようです。
(・・・と本人が申しておりました。ホントにだいじょうぶかな?)

融資の件もがんばっているなと見直したのですが、
それ以上に驚いたのは、自分たちで知り合いや友人に声をかけたり、
いろいろな行動をして、もうすでにいくつか仕事を取っているということです!

具体的には、数十万円レベルの仕事を、
(私が覚えているだけでも)3つか4つくらいと、
百数十万円の仕事も1つ受注できたそうです。
滑り出しとしては上々ではないでしょうか。

私は確か、起業した翌月に40万くらいの売上があったけれど
4ヶ月たっても合計で100万くらいしかいかなかったような記憶があります。

それを思えば、いくら職種が違うとはいえ、本当にすごいなぁと
ただただ感心するばかりです。

「おれ、ツイてるよなぁ」と満足気に言っていましたが
本当に運に恵まれているとしか言いようがないので
最近は「ホントにすごいよねぇ!」と家では褒めまくりです。

ちょっと前までは「こんな仕事、バカらしくてやってられないよ。ホントやだ。」
としょっちゅう愚痴っていた夫が
今では「仕事って楽しいんだなー。知らなかった。マジでおもしろいよなぁ」
「パワーが出てくるな!ぜんぜん疲れないよな!」
と180度変わって、ものすごく前向きになってしまいました。

まったく同じ仕事内容なのに、立場や考え方が変わると
こんなに違う見方ができるんだよ、という見本のようです。

やっぱり、やらされる仕事と自分の意思で主体的に取り組む仕事とでは
たとえ同じ仕事内容でも、ぜんぜん違うのですね。

ちょうど家庭がこんな状況なので、翻訳業界で繁忙期を迎えている私にとって
夫は、初心を思い出させてくれる、よいリマインダーになってくれています。


スポンサーサイト

テーマ:翻訳 - ジャンル:ビジネス

18 : 58 : 08 | 翻訳 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
うれしいお便り
2011 / 01 / 05 ( Wed )
新年あけましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

今朝、出社したらたくさん年賀状が届いていました。
お送りくださったみなさま、本当にありがとうございます。

特にうれしかったのが、英訳実践講座の受講生&元受講生の方々からの
年賀状やあいさつメールのなかに、
「某翻訳会社のトライアルに無事に合格しました」とか
「某事務所に翻訳者として採用されました」とか
「最近は英訳の仕事も増えて忙しくしています」とか
そういった近況報告もパラパラと含まれていたことでした。

(ほかには、本業のお仕事が忙しすぎて課題の提出すら
ままならないというプロの翻訳者さんとしてご活躍中の
受講生もいらっしゃいますが、それはまた別のお話で。。。)

現時点での受講生はまだ50名に満たないくらいなので
本当に小規模であるにもかかわらず、少しずつ受講してくださっている方に
トライアル合格や翻訳者としての採用など、目に見えるかたちで
成果が現れてきているのはうれしいことだなぁと思いました。

もちろん、ご本人の努力と実力があってのことですが
(そして、講師陣のご尽力あってこそです!)
少しでも弊社の英訳実践講座が役立ったのかな~
と私まで温かい気持ちになりました。

本当にうれしいです!

ちょっと気になって、この1年半の累計の受講者数を数えてみました。
ざっと70名程度でした。
(なかにはお申し込みくださったまま音信不通で連絡つかず・・・
という方も数名含まれています。)

こんな小規模な講座ですが、お問い合わせだけはたくさんいただいています。
講座案内100部があっという間になくなってしまうほどです。

やっぱり課題等のサンプルプレゼントが効いているのだと思いますが、
専門性の高い分野の優秀な翻訳者になりたい、と憧れている方も
多いのだろうなと思います。

新たな一年がスタートします。
昨年やりたかったけどできなかったことや
今年新たに挑戦したいことが私にはたくさんあります。

新年の目標を立てた方も多いと思います。
私も休み中に書き出してみました。

今年こそは、という思いをもって
今年も前進していきたいと思います。

ちょっと話がそれますが、
今年は我が家にとっては大きなターニングポイントに
なりそうな年です。

私事ですが、夫の勤務先が社長さんの病気であわや倒産というところまでいってしまい、
従業員は全員整理解雇という事態になってしまいました。

夫はこの際だから、と一念発起して
アキさんという同僚とふたりで起業することになりました。

起業といっても、夫の場合は、家の基礎工事や外構工事などの
職人なので、サラリーマン親方が請負親方になった、という感じです。

・・・が、職業上、ダンプが必要になったり、置き場を借りなければならなかったり、
材料や工具類を一通りそろえるだけでもそれなりに資金が必要で
年末の我が家はいつもに増して大忙しでした。

大忙しの種類が資金調達だったので
否応なく私も巻き込まれてしまいました。

私の事業用の預金の一部を当面の資金として
ちょっとだけ提供しました。

・・・ちょっとでゴメンねと思いつつも、
身内の資金提供だと甘えが出るし、本当は私個人の本業用の資金なので、
期間限定の提供にしてもらいました。

(そもそも私は、お金がないなら、ないなりのやり方をして
知恵と工夫で乗り切るべき、という考え方なので・・・。
ただ、今回は整理解雇で、準備する期間が実質2週間しかなかったことや、
この期に及んでほかのことをしながら準備するのも現実的ではないという
事情も含めて、やるなら今しかないとも思いました。)

そして、本人達にちゃんと創業用の融資を受けるように
してもらいました。

おかげで年末は大掃除すらスキップしてしまいました。
(単なる口実っぽいところもありますが。。。)

私も起業経験者として、わかる範囲内で書類作成のお手伝いをしたり、
起業前に整理しておかなければならないことや、
金銭面で気をつけなければならないことなどを
アドバイスしてみたりしました。

気分はすっかりコンサルタントです。

「無理なく小さく始めればそんなに大怪我しないですむし、
意外にだいじょうぶなものだよ」
「やってだめならそのときにあきらめて転職すればいいよ」
と、最初のうちは夫に話していましたのですが、
最近は、夫と同僚のアキさんのがんばりで、いくつか受注の見込みの高い引き合いが
すでに入っているようです。

本人も
「なんだかやれるような気がしてきた!」
と昨日はちょっと元気でした。

やっぱり自分で苦労してお客様を開拓して、やっとの思いで取ってきた仕事は
とてもうれしいようです。

これまでは仕事の愚痴が多かったのですが、きっと起業したら
仕事が楽しくてやりがいも出てきて、愚痴なんか出てくるヒマもないと思います。

起業したがゆえの苦労も味わうかもしれませんが、
人間として成長できるし、そもそも本当に仕事がノッてくると
どんなことでも「苦労」とは感じなくなります。
少々のことは「ちょっと大変だけど楽しいからいいか」と考えるように
なるでしょうし、そんな精神的にもタフな大人のオトコになってくれれば
私もうれしいなぁ・・・

なんて期待してしまいます。

これまで私の収入が安定しない時期からずっと文句も言わずに
いつも「お前ならだいじょうぶだよ」と支えてくれた夫に
これからは少しでも恩返しできるように、
と思っています。

今年は「応援すること」が私の一番大きなテーマです。
翻訳校閲のお仕事をくださる研究者の皆様の応援
英訳講座の受講生の皆様の応援
そして、夫の応援

せっかくなので、心強い実力派の応援団になりたいです。


テーマ:翻訳 - ジャンル:ビジネス

15 : 38 : 15 | 翻訳 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。